プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

三浦宏規の経歴!ハクや髭切を演じるしなやかな動きはバレエで培われていた!

三浦宏規さんは、2.5次元作品の代表作ミュージカル「テニスの王子様」やミュージカル「刀剣乱舞」で注目された人物です。

日本でも上演された世界的作品でもあるミュージカル「レ・ミゼラブル」のマリウス役を史上最年少で演じたことや、舞台「千と千尋の神隠し」でしなやかな動きでハクを演じた三浦宏規さんを気にしている方も多いかと思います。

今回は、三浦宏規さんの幼少期や俳優業を目指した経緯、出演した作品について紹介します。

※このブログはアフィリエイト、広告収入等を目的としてコンテンツを掲載しています。

三浦宏規のプロフィール

三浦宏規の顔画像

オフィシャルサイトより
名前

三浦宏規

読み方 みうら ひろき
生年月日 1999年3月24日
出身地 三重県桑名市
身長・体重 178cm/ーkg
血液型 不明
学歴 高校卒業
所属 株式会社ウィルビー・インターナショナル
利き手
趣味 野球(観戦を含む)、花、生け花、ショッピング

三浦宏規の経歴

三浦宏規さんは、2.5次元作品やストレート舞台やミュージカルに出演している俳優です。5歳からバレエを始めたきっかけは、プロバレエダンサーの熊川哲也(くまかわてつや)さんのDVDを見て「バレエがやりたい」と両親に相談したことだったとインタビューに答えています。

5歳からバレエを始め、多くのコンクールに参加し賞も獲得していた三浦宏規さんが俳優になったのはあることがきっかけでした。

プロのバレエダンサーを目指した時期もあった三浦宏規さんでしたが、怪我などもありバレエダンサーとしてこの先を不安に思っているときに出会った方との縁で俳優を目指すことになります。その人物は、バレエコンクールの審査員をしていた煌ダンスカンパニーの振付・演出家の上田遥(うえだはるか)さんです。上田遥さんは、バレエとエンターテイメントを融合させたステージを造りだす総合演出プロデューサーでもあります。

俳優デビューを果たした三浦宏規さんの主な作品とエピソードについて紐解いていきましょう。

主な作品

ヒーローはバレエダンサーだった!

小さなころの男の子の多くは「ヒーローになりたい!」と憧れを持つものですが、三浦宏規酸の場合は、仮面ライダーでもウルトラマンでもなくプロバレエダンサー・熊川哲也さんがヒーローでした。

5歳の頃に、たまたま観た熊川哲也さんのDVDをきっかけにプロバレエダンサーを目指しますが、小学校高学年のときにひざケガで大きな手術を経験します。

バレエダンサーとしてこの先を不安に思っているときにバレエコンクールの審査員をしていた煌ダンスカンパニーの上田遥(うえだはるか)さんに出会います。これをきっかけに上京し、舞台を経験したことで芸能界への道を志します。

デビュー作はワンピースのルフィー

みなさん、東京タワーの中にかつてステージがあったことをご存じでしょうか?

2016年より約1年もの間、ステージではワンピースのメインキャラクター「麦わらの一味」の9人の冒険の様子を描いた「ONE PIECELIVE ATTRACTION~Welcome to TONGARI Mystery Tour~」が開催されていました。

そのステージで主人公・ルフィーを担当していたのが三浦宏規さんです。ステージでは、アニメ版の声優の声に合わせそれぞれのキャラクターが演技したり、プロジェクションマッピングに合わせた演出もあったためかなり大変だったのでは?と想像します。

東京ワンピースタワーは、2020年7月31日に惜しまれつつ閉園しステージも「最後の宴の14日間」の演目を最後に幕を閉じました。

三浦宏規が演じてきた役とは

俳優活動を本格的にスタートしてから、多くの2.5次元作品に出演している三浦宏規さん。どのような役を演じてきたのでしょうか。

舞台「千と千尋の神隠し」で演じたハク

なかなかチケットが取れないことでも話題となった、舞台「千と千尋の神隠し」のハク役(ダブルキャスト)を三浦宏規さんが演じました。

最終公演地であった御園座(愛知)では、全公演が中止となり大千秋楽も無観客の中で配信だけが行われました。悔しい思いをされたであろう三浦宏規ですが、2023年8月に御園座での再演でハク役を再び演じることが決まっています。

リベンジできることを本人もTwitterでつぶやいていますね。

刀ミュ・髭切のダンスがすごい

オンラインゲーム「刀剣乱舞」が原案となっているミュージカル「刀剣乱舞」は、2.5次元作品の中でも人気のある作品です。

2017年通称:刀ミュの6作目となる「つはものどもがゆめのあと」に髭切役として出演した三浦宏規さん。

源氏の重宝で源義経の刀だったとされている髭切は、何度も名前を変えたことや長い歴史を持つ刀であることから、小さなことにはこだわらない性格で弟の膝丸の名前まで忘れてしまうキャラクターです。

会話ではどこかとぼけているが、いざダンスをすればキレキレで、しかもトリプルアクセル並みのハイジャンプまで披露してしまう髭切を演じられるのは、バレエで培われたスキルがあってこそだと思います。

この記事のまとめ

2.5次元作品において特に人気のあるミュージカル「テニスの王子様」(3rdシーズン)やミュージカル『刀剣乱舞』などに出演したことで人気を博し、「史上最年少のマリウス」と注目を集めたミュージカル「レ・ミゼラブル」など話題作に出演している三浦宏規さん。

2023年10月のミュージカルミュージカル「のだめカンタービレ」の千秋真一(ちあきしんいち)役が決まっている三浦宏規さんに目が離せません。