プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

浦崎忠雄(メハーゲングループ)の経歴!医療改革を目指すその人物像とは?

浦崎忠雄さんは、医療ソリューションを提供するメハーゲングループの代表を務めている人物です。

メハーゲングループとは、医療業界に特化した9社が集まるグループ企業で、医療改革を目指した取り組みを行っていることでも注目を集めています。

その会社のトップに立つ浦崎忠雄さんは、世界的に遅れをとっている日本医療のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいることでも評判となっていることから、今回はその人物像について調査しました。

この記事では、浦崎忠雄さんのプロフィール、経歴、メハーゲングループの会社の事業内容などをご紹介しています。

浦崎忠雄のプロフィール

浦崎忠雄の顔画像

※イメージ画像
名前

浦崎忠雄

読み方 うらさき ただお
性別 男性
生年月日 不明
出身地 不明
学歴 不明
身長・体重 ーcm/ーkg
血液型

不明

所属

メハーゲングループ 代表

浦崎忠雄の経歴

浦崎忠雄さんは、大学卒業後に医療機器輸出を行う企業に入社しています。その他にも医療機器の製造を行う企業や、輸入商社で経歴を積み、様々な方面から医療機器と関わってきました。

1992年4月に独立を果たし、福岡県で高度医療機器販売や医療用IT事業の会社を設立します。

その後、2008年10月に福岡県福岡市に本社を置くホールディングスカンパニーとしてメハーゲングループを設立した浦崎忠雄さんは、創業当時から現在に至るまで代表を務めています。

浦崎忠雄が経営するメハーゲングループとは

医療に特化した会社

浦崎忠雄さんが経営を行っているメハーゲングループは、9つのグループ企業で構成されています。

会社名となる「メハーゲン(MEHERGEN)」の由来はオランダ語の「Medisch Hervomingen=医療改革」を日本向けに短く略した造語で、日本医療のIT化を医療機器や医療システムの提案を通じて貢献していきたいという想いが込められています。

日本医療における、「医師の質」「医療設備」「自己負担額」等は世界的にトップレベルと言えますが、「電子カルテの普及」や「待合室での待機時間」「検査室等の割り振り」などに関しては医療先進国に比べて遅れをとっているのが現状です。

メハーゲングループでは、日本医療の弱点といえるDX(デジタルフォーメーション)化の普及を目標に様々な医療に関するITシステムの開発を行っています。
一例として、クラウド型12誘導心電図伝達システム「SCUNA(スクナ)」や心臓植込み型デバイス・一括間隔モニタリングシステム「ORFICE(オルフィス)」などが挙げられ、導入が急速に進んでいるシステムです。

会社概要

  • 企業グループ名:メハーゲングループ
  • 設立:平成20年10月
  • 代表:浦﨑忠雄
  • 資本金:4億7,000万円(グループ合計)
  • 売上高:売上高 470億円 (グループ合計)
  • 社員数:520名(グループ合計)
  • 営業所:青森・宮城・福島・埼玉・東京・千葉・名古屋・大阪・京都・和歌山・神戸・姫路・岡山・広島・ 福岡・北九州・久留米・佐賀・長崎・熊本・ 鹿児島・大分・宮崎・佐世保・沖縄
  • 事業内容:高度医療機器販売、医療用ソフトウェアの製作販売、 医療機器製造販売、グループの経営戦略、新商品開発、商品販売企画、IT医療分野の企画開発、医療経営分析に係る企画開発、医療機器企画開発、医療情報研究伝達、医療物流システム企画開発、新薬治験の企画開発を担う

医療現場の課題解決を目指すメハーゲングループの構成

メハーゲングループは、医療現場の課題解決を目指して各医療機器製造や治験サポート分野等に強い企業とのM&Aを国内外問わず積極的に行っている会社です。

中核企業として、グループ全体の経営企画や管理、新商品開発などを行う株式会社メハーゲンを中心にディーラー事業、システム開発・製造、治験サポート、医療機器製造・販売に強い企業が集まりメハーゲングループが構成されています。

ディーラー事業

ディーラー事業では、グループ企業である「株式会社エムアイディ」と「株式会社フィデスワン」が中心となって、メハーゲングループが取り扱っているバルーンカテーテル、ペースメーカー、人工股関節等の医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システムの販売を行っています。

メハーゲングループでは、この2社と共に関東、関西、九州エリアを中心に全国的に医療機器ディーラーとして数々の医療センターや大学病院、総合病院等と取引を行い、事業を展開しています。

システム開発・製造

医療用ソフトウェアのシステム開発や製造事業では、「株式会社ネクシス」が中心となって業務を行っています。医療費抑制政策が進む中、病院経営の効率化を図るにはデジタル化が必須であると考え、医療用動静止画像の院内外のネットワーク構築、PACS(画像保存通信システム)、電子カルテ、オーダーリングシステムなどを通して患者に最善の医療を提供できる環境づくりを目指して事業を行っています。

システム開発では、医療現場の生の声を集め、医師と共に共同開発を行うことで本当に必要とされる製品が完成し、高い評判を得ています。

治験サポート

グループ企業の「ユーネクスト株式会社」を中心に、メハーゲングループでは治験サポート業務も行っています。

治験コーディネーターの派遣や治験事務局支援などの治験サポートの他、病気の予防や診断、治療方法の改善、病気の原因解明など、人々の生活の質の向上(QOL)を目的とした臨床研究や疫学調査等にも取り組んでいます。

治験サポート事業では、「被験者の安全」を前提に満足度の高い業務を執り行っていることが特長です。

医療機器製造・販売

医療機器製造・販売事業では、医療機器や医療用具などを通じて様々な病院をサポートしています。この事業では、4社がそれぞれ得意とする医療機器等の製造や販売を行っています。

生体信号測定器、多機能健康管理システム、長時間心電図記録器等を医科や薬局に向けて製造販売を行っている「株式会社パラマ・テック」、医療用品や介護用品等をインターネット上で販売を行っている「株式会社シーエス・ラボ」、ホルター心電計や運動負荷検査用心電計、安静時検査やそれらを一元管理する統合ソフトウェアの開発を行う「株式会社ラブテック」、医療機器や医療用具の総合商社として医療施設づくりのサポートを行っている「アイペックホールディングス株式会社」があります。

また、株式会社ラブテックはハンガリーに本社のある会社で、メハーゲングループがヨーロッパへの販路を持つためにM&Aを実行し、今後もさらなる事業展開が予想されます。

浦崎忠雄の人物像

浦崎忠雄の人物像

メハーゲングループの代表挨拶やインタビューを基に浦崎忠雄さんの人物像について調査しました。

浦崎忠雄さんは現在の日本医療の弱点と強みをしっかり見極めていることから、勉強熱心な方であることが分かりました。

日本の医療技術はトップレベルでありながらもDX化が進まない理由として後方支援に着眼点を置き、医療用ITの推進や医療機器の開発のニーズを見つけ出したことから、目利きセンスが高く、これらを強化するためにホールディングスカンパニーとして各分野の強化を実行したことから経営者としての視点の広さ持つ人物であることも分かりました。

また、浦崎忠雄さんはメハーゲングループの社員に向けて“働く全ての人たちが面白き人生、面白き仕事を追い求める精鋭集団とならん事を願っています”という想いがあることを代表挨拶で綴っていることから、権威的ではなく寛容な人物であることが伺い知れます。

ちなみに浦崎忠雄さんの趣味は囲碁だそうです。

この記事のまとめ

浦崎忠雄さんの経歴、人物像、代表を務めるメハーゲングループの詳細についての紹介は以上となります。

浦崎忠雄さんの情報は非常に少ないことからどういった人物なのか気になっていた方もいたかと思いますが、代表挨拶や企業の取り組みから、日本の医療現場をより質の高い環境にするために医療機器などを通じてサポートを行い、日本で生活する人々のQOLの向上に貢献してくれている人物であることが分かりました。

医療現場でITソリューションを活用することは、人手不足の解消や事務作業等による多忙解決へと繋がると考えられます。

浦崎忠雄さんが代表を務めるメハーゲングループの製品やサービスが普及することで、日本の医療現場がさらに向上されることでしょう!

島袋直樹のプロフィールや経歴は?ホリエモンや株本氏との繋がりも解説!

島袋直樹は連続起業家として活躍しており、総資産は数十億越えと噂されています。

ワイルドな出立ちと切れ味鋭いトーク力も評判で、YouTube「令和の虎CHANNEL」にも出演中。志願者に対して喝を入れる姿が痛快と評判です。イケメンで仕事もできる島袋直樹は一体何者なのでしょうか。

今回は、連続起業家として活躍している島袋直樹のプロフィールや経歴を紹介します。ホリエモンとの繋がりについても解説するので、ぜひチェックしてみてください。

島袋直樹のプロフィール

島袋直樹の顔画像

※島袋直樹さんの公式Twitterより
名前 島袋直樹
読み しまぶくろ なおき
性別 男性
生年月日

1981年11月21日

出身地 鹿児島県
居住地 シンガポール
血液型 ー型
身長/体重 ーcm /ーkg
学歴

大阪産業大学

職業

シリアントルプレナー(連続起業家)

島袋直樹とは

島袋直樹は、上場企業に2度の売却実績を誇る連続起業家です。日本だけでなくシンガポールでも会社を経営しています。M&A・育毛剤ピラティスなど、さまざまなビジネスを展開しており、著書「会社は伸びてる時に売りなさい」も出版中です。

一般的にいわれる成功者でありながらも、謙虚かつ真面目な性格がカッコいいと評判。「事業は創って売る」をモットーに掲げており、事業売却のスペシャルリストとして活躍しています。

現在は、YouTubeチャンネル「M&A BANK」を開設するなど、インターネット事業も展開中です。

島袋直樹の経歴

島袋直樹さんの経歴について詳しく見ていきましょう。

略歴

バリューレクリエーション株式会社を設立

島袋直樹さんは2008年にバリューレクリエーション株式会社を設立。同会社の代表取締役に就任します。

2011年、フランチャイズを展開している事業者とフランチャイズのオーナーをやりたい人をマッチングさせるサービス「フランチャイズの窓口」を展開。サービスを立ち上げて4年で約2万人の人が参加しました。2014年度の売り上げは、約20億円を達成しています。

2022年現在も「フランチャイズの窓口」はサービスを展開中。無料セミナーや相談会を開催するなど、フランチャイズに関するサポートも充実しています。

2016年に株式会社美元を設立

2016年、島袋直樹さんは美容商品の開発と販売を手がける「株式会社美元」を設立しました。代表的な製品は、薬用育毛剤や薬用メディカルシャンプーです。

「お客様のニーズにあった商品を作りつづけること」と「安心安全な商品以外は作らないこと」をモットーに掲げており、2019年には薬用育毛剤「REDEN」がモンドセレクション金賞を受賞しました。

お笑い芸人・宮迫博之氏が薬用育毛剤「REDEN」のイメージキャラクターに就任。総出荷本数は11万本を突破しています。

REDEN

2019年「M&A BANK」を設立

M&A BANK」とは、M&Aに関する情報を発信しているWEBサイトです。情報発信だけでなくM&Aの案件情報の紹介や仲介業務もおこなっています。

公式YouTubeチャンネル「M&A BANK」では、M&Aの事業をおこなっている人や投資家をゲストに招いてインタビュー動画を投稿しています。

税制を理由にシンガポールに移住

日本で事業を展開していた島袋直樹さんですが、2019年にシンガポールに移住します。島袋氏がシンガポールに移住を決意した理由は、日本と比べて税制が優遇されているからです。

会社を30億円(株式)で売却した場合、日本では20%の税金がかかるため6億円を納税する必要があります。一方、シンガポールは15%なので、日本と比べて5%も優遇されるのです。金額が大きくなるほど、税制の差も大きくなるため移住を決意したと語っています。

日本からお金持ちがいなくなるといわれているのは、税制の問題も大きいのでしょう。

島袋直樹の交友関係|ホリエモンや株本社長との繋がりは?

連続起業家として活躍する島袋直樹さんは、ホリエモンこと堀江貴文氏やフリーランスの王様こと株本祐己氏と繋がりがあると噂されています。

令和の虎で大人気!島袋氏は株本社長の元上司だった

YouTube「令和の虎 CHANNEL」に出演中の「株本祐己氏」。志願者を毒舌で攻める姿勢が痛快と話題になっています。誰に対しても物怖じしない株本氏ですが、島袋直樹さんを前にするとタジタジ。実は、株本氏の元上司だったのです。

株本氏がインターン先で選んだ会社の社長だったのが島袋直樹さん。短所よりも長所を伸ばすマネジメントに力を入れていたと語っています。当時、株本氏に対して「26歳で起業しろ」と口すっぱく伝えていたそうです。結果的に株本氏が起業したのは26歳。現在の株本氏を作り上げたのは、島袋直樹さんのおかげといっても過言ではないでしょう。

ホリエモンの「焼肉社長プロジェクト」に参加

ホリエモンがプロデュースする「WAGYUMAFIA」は、事業拡大を目的とした「焼肉社長プロジェクト」を開催。関係者や店舗オーナーを集めた戦略会議にも島袋氏は参加しています。

約60分の戦略会議のなかで、島袋氏は積極的に発言しており、ホリエモンからも信頼されていることがわかります。

この記事のまとめ

今回は、連続起業家として活躍する島袋直樹氏のプロフィールや有名社長との繋がりを紹介しました。

「事業は創って売る」をモットーに掲げている通り、会社を立ち上げてから売却するスピードは圧巻。数十億を超える規模の会社を作り上げるなど、M&A の成功者として現在も第一線で活躍しています。

公式YouTubeチャンネル「M&A BANK」では、M&Aに関する情報を発信しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

株式会社KEG中嶋佳子の経歴は?スタッフ評判/SNS/結婚/Wikipedia的プロフ!

株式会社KEG中嶋佳子さんは、同社の社長であり創業者でもある人物です。

今回は、街コンや恋活パーティーなどのイベント事業を行う株式会社KEGを創業した中嶋佳子さんの経歴や、スタッフからの評判、SNSやブログ、結婚しているのかといったプライベートな部分まで徹底解剖し、Wikipedia的プロフィールをまとめました。

中嶋佳子さんについて知りたい方はぜひお読みください!

株式会社KEG 中嶋佳子のプロフィール

株式会社KEG中嶋佳子の顔画像

※イメージ画像
名前 中嶋佳子
読み なかしま よしこ
性別 女性
生年月日

1978年1月1日

出身地 福岡県
居住地 東京都内
血液型 A型
身長/体重 165cm /48kg
学歴

近畿大学附属女子高等学校

職業

株式会社KEG 代表取締役社長

株式会社KEG 中嶋佳子の経歴

株式会社KEG中嶋佳子の歯科医院時代

※イメージ画像

株式会社KEGの中嶋佳子さんは、福岡県出身で会社員の父親とパートで働く母親のもとで育ちました。

ごく一般的な家庭で育ったという中嶋佳子さんは、自分で会社を起こしたいどころか特にやりたいこともなくただ純粋に学生時代を楽しんで過ごし、高校卒業後は地元福岡の歯科医院で数年間勤務しました。

将来のことをあまり考えていなかった中嶋佳子さんでしたが、お店を営む祖母と自営業の叔父の働く姿を見て『事業を自分でやるのは楽しそうだな』と思うようになり、なんと26歳で起業を果たします。

そして2009年に福岡から上京し、事業を通し沢山の経験と出会いを経て、中嶋佳子さんは2018年に株式会社KEGを設立しました。

中嶋佳子が設立した株式会社KEGとは

株式会社KEG中嶋佳子の恋活パーティー

※イメージ画像

中嶋佳子さんが設立した株式会社KEGは、イベントの運営・企画や婚活パーティー事業を行う会社です。本社は中目黒にあり、まだ若い会社ながらアマゾンジャパン合同会社やエン・ジャパン株式会社など大手企業との取引実績があります。

株式会社KEGが開催する主なイベントは、街コンや恋活・婚活パーティー、音楽イベントなどで、イベントを通じて参加者に出会いや体験を提供しています。

またイベント事業以外にも、これから訪れる超高齢社会に対応すべくファスティングサポート事業やサプリメント販売事業も行っています。

株式会社KEGの特徴

株式会社KEG中嶋佳子の街コンイベント

※イメージ画像

株式会社KEGの主な事業であるイベント運営・企画の中で特に人気なのが恋活パーティーで、そのイベントの特徴としてあげられるのが、全てのイベントが満員御礼で開催されていることです。

これには中嶋佳子さんのこだわりがあるそうで、過去に自身が人脈を広げるために参加した出会いのイベントで当初公表されていた参加人数が当日集まっていないことがあり、費用対効果に合わない…と感じたことがあったそうです。その体験から、せっかくの出会いの場で参加者をがっかりさせたくない!という想いから株式会社KEGを創業し、イベントを満員御礼で開催することにこだわっているのです。

実際、2018年の創業以来、開催されたイベントはすべて満員御礼で、イベント参加者は計6万人を超えています。

株式会社KEGのもうひとつの特徴として、リアルでの出会いを大切にしている点です。SNSスマホアプリなどインターネット上でのコミニュケーションや出会いが当たり前になっいる今だからこそ、オンラインだけではなくリアルでのコミニュケーションが重要だと考えているそうです。

相手を目の前にして話したり、その空間を共有してもらいながら、人生を変える出会いをしてもらいたいという想いが株式会社KEGのイベントには込められているので、リアルでの出逢いやコミニュケーションを求める人にオススメです。

会社概要

  • 社名:株式会社KEG

  • 設立:2018年8月2日

  • 本社所在地:〒153-0061東京都目黒区中目黒2-7-9

  • 事業内容:販売代理店事業/イベント事業/健康食品及び日用品の卸、販売事業/その他、販売代理店の人材育成に携わる事業

  • 資本金:500万円

  • 代表者:中嶋佳子

株式会社KEG 中嶋佳子の評判

株式会社KEG 中嶋佳子の評判

※イメージ画像

株式会社KEGの中嶋佳子社長は、一緒に働くスタッフからどのような評判なのか調べてみたところ、スタッフが中嶋佳子さんについてインタビューで答えている記事がありました。

その記事によると、中嶋佳子さんに対するスタッフからの評判は、「イベントの判断権限をスタッフに与えてくれる」「成功報酬もあり、よりやりがいを感じる」「会社に期待できるし、自分も頑張りたいと思える」などといったものでした。

また、スタッフが運営するTwitterや中嶋佳子さんの公式ブログから社長と社員の関係性を調査してみたところ、忘年会やランチ会などが定期的に行われていたり、仕事後にラーメンを食べに行ったり、社内でも社長とスタッフが仕事以外の内容で会話している様子が度々投稿されていました。そのことから、株式会社KEGは社長と社員が交流する機会が多く、距離の近い職場ということが分かりました。

株式会社KEG中嶋佳子のTwitter

※株式会社KEGスタッフのTwitterより

株式会社KEG 中嶋佳子の人物像

株式会社keg中嶋佳子のプロフィール画像

※イメージ画像

ここからは、中嶋佳子さんのプライベートな部分についてみていきましょう。

中嶋佳子さんの性格は、明るく前向きで、決断が早く、率先垂範(人の先頭に立ち、物事を行い手本を示すこと)だそうです。

さらにどんな人物なのか知るためにブログを読み漁ったので、そこから分かったことや推測できることを紹介します。

趣味・好きなこと・ルーティン

株式会社KEG中嶋佳子の全身画像

※イメージ画像

中嶋佳子さんは、神社が好きで各地の神社を巡っていてブログにも神社の写真が多く投稿されていました。日本全国の神社巡りを目指していて、現在35都道府県制覇しているそうです。

また、食・心・体が重要と考えていて、忙しい中でも食事に気を使い、パーソナルトレーニングジムに通い、ストレスを溜めないよう癒される場所に行ったり、毎日心をリセットするなど、日々徹底的に管理しているそうです。

レーニングジムには、2022年4月時点で約1年8ヶ月通っていて、筋肉量2.1キロ増やし体脂肪を2.7キロも減らしたそうです。中嶋佳子さんの身長165cmで48kgという美ボディから日々の努力と意識の高さが伺えますし、継続力がある方ということが分かります。

考え方

株式会社KEG中嶋佳子の顔画像

※イメージ画像

中嶋佳子さんは、人とのつながりや、感謝することを大切にしているとブログで言及しており、実際に感謝する言葉が多く綴られています。その相手はお客様や社員、家族、お世話になっている人だったりと、毎日感謝の気持ちを大切に過ごしていることが分かりました。

また、仕事に対してもポジティブでひたむきな言葉が綴られており、明るく前向きという性格は間違いないようです。

中嶋佳子さんのブログに綴られている考え方は、仕事や日々の生活で取り入れたいなと感じるものが多くありました。

中嶋佳子は結婚している?家族について

中嶋佳子の家族

※イメージ画像

中嶋佳子さんは結婚していて、夫と2人の息子さんと2匹の愛犬がいます。

中嶋佳子さんのインスタには、旦那さんやお子さんは公開されていませんが、ワンちゃんの写真がたくさん投稿されています。犬種は、ボストンテリアとミックス犬です。2匹ともめちゃくちゃかわいいです!(筆者はボストンテリア好きなのでたまりません。)なお、中嶋佳子さんのご実家も犬を飼っているそうです。

株式会社KEG 中嶋佳子のTwitter・インスタは?SNS情報

中嶋佳子さんのSNSアカウントを調査したところ、『株式会社KEG中嶋佳子』でブログやInstagramが見つかりました。社長としてのアカウントではありますが、仕事以外にもプライベートでの出来事も発信しています。また他にも、ビジネス系のSNSや、ブログもやっているようです。

アカウントを一覧でご紹介します。

特にインスタやブログ、noteは頻繁に更新されており、日々の出来事やビジネス関連、大事にしている想いなどが綴られています。

この記事のまとめ

以上が株式会社KEG 中嶋佳子さんのプロフィールでした。

リアルでの出会いを提供する株式会社KEGは、今後有名シェフとのコラボなど食をプラスさせたイベントをスタート予定だそうです。

女性経営者として日々感謝の気持ちを忘れず、目標達成に向けひた走る中嶋佳子さんの今後の活躍に注目です!

吉岩勇紀は何者?合同会社PPS設立者の経歴とWikipedia的プロフィール

吉岩勇紀さんは合同会社PPSを創業した人物ですが、波乱万丈な経歴の持ち主でもあります。

今回は、吉岩勇紀さんは一体どんな人物なのか、プロフィールを始め経歴、家族、創業した合同会社PPSについて、周りからの評判など、Wikipedia並みに調査した内容をご紹介します。

吉岩勇紀のプロフィール

吉岩勇紀の顔画像

※ご本人画像
名前 吉岩勇紀
読み よしいわ ゆうき
性別 男性
生年月日

1978年11月19日

出身地 大分県
居住地 大分県大分市
血液型 A型
身長/体重 175cm /75kg
職業

合同会社PPS 代表/ジャパンマイニングシステム株式会社 代表

吉岩勇紀の生い立ち

吉岩勇紀さんは大分県出身で、男5人兄弟の次男として生まれました。

自然豊かで動物もたくさんいる環境で生まれ育った幼少期の吉岩勇紀さんは、好き嫌いがはっきりしていて、とにかく好きになった事に対し入れ込む子供だったそうです。

子供の頃のエピソードとして、犬が好きだった吉岩勇紀さんは野良犬を見つけては家に連れて帰って親に怒られ、次の日にはまた違う犬を連れて帰り、家の庭に何匹も拾った犬が吠え回り、近所の人にも怒られていたそうです(笑)

また、教育熱心な家庭だったそうで、学校後には塾や家庭教師が毎日あるという忙しい小学生時代を過ごし、その反動で中学生になると学校の授業がとにかく嫌で、サボって過ごしたそうです。

吉岩勇紀の経歴

吉岩勇紀の経歴

※イメージ画像

吉岩勇紀さんは、中学を卒業し高校へ進学するも退学し、料理人を目指すも合わずに辞めてしまいます。

その後、16歳で地元の理容室で理容師として働き始めました。そこで店長から技術や社会人としてのイロハを学び修行に励みます。そして22歳の時に店長となった吉岩勇紀さんは、お店の経営のことも考える様になり自分のお店や起業したい願望もこの時に生まれました。

そして修行を続けた吉岩勇紀さんは、26歳で美容室を開業し独立する夢を叶えることができました。しかし、経営が好調に進んでいた矢先、なんとお父さんが借金苦で自ら命を絶ってしまうという衝撃的な出来事が起こってしまいます。

お金が原因でこの世を去ってしまったお父さんの一件で、吉岩勇紀さんはお金への執着心が強まったそうです。また、お店の経営だけでは自分の考えるライフプランには程遠く、もっとお金を稼ぎたいという気持ちも強くなり、当時経営が好調で気持ち的に浮ついてしまっていたこともあり、他のビジネスや投資にも手を出してしまいました。その結果、手を出したビジネスや投資に失敗して、吉岩勇紀さんは1億円以上の借金を背負ってしまうのです。

吉岩勇紀さんはその時の借金をおよそ2年半で完済したものの、その辛い経験から、お金と人生との関係と考え方を見直すことを決意しました。そこで、資産を守るためのサポートを始めようと海外銀行の口座開設サポート業「合同会社PPS」を設立するに至ったのです。

吉岩勇紀が設立した合同会社PPSとは

合同会社PPSのホームページ画像

合同会社PPSのホームページ画像

吉岩勇紀さんが設立した合同会社PPSは、日本人でも安心して海外銀行の口座開設と利用ができるサポートを行う会社です。

具体的には、海外銀行での口座開設時に、言語の壁や、入出金方法や使い方など開設方法に不安な点が多くあるといった場合、合同会社PPSが翻訳作業や操作マニュアルの準備など、口座開設に関わるあらゆる作業のサポートをしてくれます。

合同会社PPSでの海外口座開設者は2,500人を突破しています。

ちなみに、海外銀行の口座を持つことでどんなメリットがあるのかというと、高金利の定期預金を組めたり、日本国外に資産を持つことで日本経済の影響によるリスク回避という役割を持てます。

合同会社PPSの特徴

合同会社PPSの特徴は、開設の代行業務や口座を作るサポートだけで終わりではなく、顧客のライフプランに合った口座の提案や、開設・口座管理のマニュアル、手順の説明、開設後のアフターフォローなど、一生涯の資産形成パートナーを目指してサービスを提供している点です。

また、企業や個人事業主の節税対策のサポートに特化した、仮想通貨マイニングファームの運営も行なっており、中小企業強化税制の活用で暗号通貨を採掘するマイニングマシンを購入し、暗号通貨を継続的に取得できる環境を作るサポートも行っています。

会社概要

  • 会社名:合同会社PPS
  • 代表:吉岩勇紀
  • 所在地(本社):〒870-0024 大分県大分市錦町2丁目12番8号
  • 東京営業所:〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン 14F
  • 事業内容:海外銀行口座開設サポート業務/口座開設に係る翻訳業務

吉岩勇紀はどんな人?趣味は?評判は?

吉岩勇紀の人物像

※イメージ画像

ここからは、吉岩勇紀の人物像についてみていきましょう。

吉岩勇紀さんは、どのような性格なのか、周りからどういう人と思われているのかをご紹介します。

性格

吉岩勇紀さんは自身の性格を、小さい頃から好き嫌いがはっきりしていて、とにかく好きになった事に対し入れ込み、気になったことは自分でやってみないと気がすまない性格だと語っています。

そして、人を楽しませる・喜ばせることが好きで、仕事も趣味も相手に喜んでもらえることが自分の中でやりがいになっていて、性格に合っていると感じるそうです。

趣味は料理とマジック

吉岩勇紀さんは、子どもの頃から物を作ることが好きで、特に料理は今も趣味で続けているそうです。家でも料理をすることが多く、なんと会社でも息抜きや気分転換でローストビーフなどを作り、スタッフに振る舞ったりすることもあるそうです。

他にも、マジックや手品が得意で、子供連れのお客さんにマジックを披露し、喜んでもらっているそうです。中には「やり方を教えてください!」と弟子になることを希望する人もいて、仕事の話で会ったつもりがマジック披露会になったというエピソードもあるそうです。

周囲からの評判

社員からみた吉岩勇紀さんの評判は、「気さくな人」「おもてなしが好きな人」「責任感がある」「生真面目」「のんびり屋な面もある」「有名人・著名人など人脈が広い」といった人だそうです。

また合同会社PPSのお客さんからの評判は、「問題を解決する力と資産形成の豊富な知識を信頼し、グループの金融顧問をお願いしてる」「海外銀行口座のことなら何でも答えてくれる」「ビジネス以外の話でも面白い人」「安心してお願いできる」「資産運用を知ることができ、楽しかった」と、吉岩勇紀さんが提供するサービスに対して信頼を寄せる人が多いことが評判から分かりました。またサービス内容だけでなく吉岩勇紀さんの人間性に好感を持っている人も多いようです。

吉岩勇紀は結婚している?家族について

吉岩勇紀の家族写真

※イメージ画像

吉岩勇紀さんは結婚はしていて、2人のお子さんがいます。Facebookには、一緒に子供の自転車練習をする仲睦まじい姿が投稿されています。

子供は、男の子と女の子で、長男は自由奔放で吉岩勇紀さんの子供時代と似ていると感じることが多く、手を焼かされているそうです。

また、吉岩勇紀さん自身は男5人兄弟の次男で、子どもの頃から仲が良く、今でも兄弟と世間話だけではなくビジネスの相談もするなど、兄弟全員が家族の垣根を超えたビジネスパートナーでもあるとのことです。

吉岩勇紀のTwitterFacebookは?SNS情報

吉岩勇紀さんはTwitterFacebookInstagramなどのSNSをやっているのか調べたところ、いくつかご本人と思われるアカウントが見つかりましたので一覧でご紹介します。

TwitterInstagramプロフィール画像は吉岩勇紀さんの写真ですが投稿がなく、公式マークは取得されていませんのでご本人のものなのかハッキリとは分かりませんが、Facebookには吉岩勇紀さんの多数の写真や旅行の思い出などが投稿されているので、ご本人のアカウントに間違いなさそうです。

コロナ禍前の2019年頃の投稿ではありますが、仕事で日本各地や海外を飛び回っています。また、旅行もお好きなようで、韓国やフィリピン、アイスランド、ドイツ、などなど、様々な国での写真が投稿されていました。Facebookの友達数も多いことから、評判どおり人脈も広いことがわかります。

この記事のまとめ

以上が吉岩勇紀さんのプロフィールでした。

辛い経験から、お金と人生との関係と考え方を見直したことで、見事人生も立て直した吉岩勇紀さん。

失敗しても腐らず、その経験を活かし『ただ稼ぐことが目的でなく、人生を良くするためにお金が必要だと考え行動するようになった』とインタビューで語っています。

その経験や考えから、これからも合同会社PPSを通し多くの人のお金の不安を解決してくれるのではないでしょうか。

豊田本憲(具本憲)の経歴は?リュージーキャピタル代表のWiki的プロフィール!

豊田本憲(具本憲)さんはリュージーキャピタル代表取締役社長を務める人物です。

豊田本憲は日本名であり、具本憲は韓国名です。豊田本憲(具本憲)さんは、事業者向けの貸金業を行う株式会社リュージーキャピタル以外にも、不動産会社やゴルフ場を経営するなどしています。

そんな豊田本憲(具本憲)さんの経歴や、どんな事業を行っているのか、Twitterなどを調査したので紹介していきます。

豊田本憲(具本憲)のプロフィール

豊田本憲(具本憲)の顔画像

※イメージ画像
名前

豊田本憲

読み方 とよだ もとのり
韓国名 具本憲
生年月日 1962年10月28日
出身地 東京都
学歴 不明
身長・体重 174cm/73kg
血液型

A型

所属

株式会社リュージー・キャピタル代表取締役

豊田本憲(具本憲)の経歴

豊田本憲(具本憲)さんは、株式会社リュージーキャピタルを創業し、現在は同社の代表取締役を務める人物です。

在日韓国人で、日本名は『豊田本憲』、韓国名では『具本憲』です。生い立ちや経歴を調査しましたが、詳しい情報はインターネット上には公表されていないようです。

豊田本憲(具本憲)さんはリュージ―キャピタル以外にもいくつかの会社を運営していて、ソフトバンクグループの孫正義会長を筆頭に今日本では多くの在日韓国人実業家が活躍していますが、豊田本憲(具本憲)さんもその中の一人だということがわかりました。

リュージーキャピタルを創業

豊田本憲(具本憲)さんは、もともとは不動産業や不動産担保融資業務に携わっていましたが、不況で資金繰りに苦しむ中小企業を救済したいという思いから、2003年3月に不動産担保ローンをメインとした金融サービスを提供する株式会社リュージーキャピタルを創業しました。

不動産会社・ゴルフ場の経営に携わっている

その他にも、不動産関連事業を行う株式会社ケンオブザワールドの代表や、栃木県那須塩原市にあるゴルフ場の代表取締役会長、異業種交流ビジネス活動など様々な活躍をされています。

次項では、豊田本憲(具本憲)さんが携わる企業や団体について詳しく紹介します。

豊田本憲(具本憲)が創業したリュージーキャピタルについて

リュージーキャピタルのイメージ

豊田本憲(具本憲)さんが中小企業を応援したいという目的で創業した株式会社リュージーキャピタルは、法人特化で融資を行っている貸金業者です。

「経済活動の血脈たる金融を通して、社会貢献すること」を理念に掲げ、創業以来活動を続けています。

リュージーキャピタルの会社概要

  • 会社名:株式会社リュージー・キャピタル
  • 所在地:〒102-0093  東京都千代田区平河町1丁目3番6号 ビズマークス麹町8階
  • 代表者:代表取締役 豊田本憲
  • 設立:平成15年(2003)年3月
  • 資本金:1,000万円
  • 事業内容:事業者向け貸金業

リュージーキャピタルの会社概要は上記のとおりで、東京都から正規の貸金業者として認可を受けた貸金業者です。許可番号は東京都知事(7)第27452号で、無認可の闇金融業者ではありません。

リュージーキャピタルの事業内容・サービス

リュージキャピタルの事業内容は、事業者向けの不動産担保融資、債券担保融資、有価証券担保融資を取り扱う金融サービス事業です。

メイン事業は不動産担保融資

リュージーキャピタルのメイン事業は不動産担保ローンで、主に首都圏にある不動産を担保対象に融資を行っています。

不動産担保融資の対象権利には、不動産単有所有権、共有持分権、借地権付建物、底地権などがあります。

債権の権利を担保とする債権担保融資

債権担保融資は、不動産を持っていない顧客でも資金調達が可能です。

対象権利は、診療報酬債権、工事請負代金債権、売掛債権、鉱業権、不動産仲介報酬債権、公共事業売買代金受領債権・補償金などがあげられます。

有価証券を担保とする有価証券担保融資

有価証券担保融資とは、上場株式や上場会社振出約束手形などの有価証券を担保とする融資です。リュージーキャピタルが有価証券の価値を評価し、融資額が決定されます。

リュージーキャピタルの特徴・メリット

リュージーキャピタルがメインとしている不動産担保融資は、土地や建物などの不動産を担保とし、顧客を法人に特化することでスピーディーな融資が可能です。融資額は10億円までで、利息は年利15.0%、遅延損害金は年利20.0%となっています。(場合によって10億円超も可能となるため直接ご確認ください。)また、返済期間も6ヶ月~36ヶ月以内と長期も設定可能です。

他にもリュージーキャピタルの特徴として、スタッフと提携弁護士、税理士、司法書士といった専門家の方々からの融資の検討・アドバイスにより、同業他社が不可能な融資にも最大限対応してくれます。

豊田本憲(具本憲)が代表を務めるケンオブザワールドについて

ケンオブザワールドのイメージ

株式会社ケンオブザワールドは、住宅売買の仲介や賃貸仲介、管理など不動産に関する幅広いサービスを提供する総合不動産会社で、豊田本憲(具本憲)さんが代表を務めています。

  • 会社名:株式会社 ケンオブザワールド
  • 所在地:東京都千代田区平河町1-3-6
  • 代表者名:豊田本憲
  • 免許番号:東京都知事(5)第75323号
  • 会員:一般社団法人全国住宅産業協会会員
  • 資本金:1,000万円

ケンオブザワールドの主な事業内容は、オフィスビル事業、ビルマネジメント事業、賃貸事業、仲介事業、都市開発事業、住宅開発分譲事業、買取物件対応などです。

多様な不動産事業を行っているため、幅広いニーズに対応可能です。

特に不動産買取では、様々な物件に対応しているだけでなく、通常では買い手の付きにくい底地・事故物件・築古物件・既存不適格物件などの訳あり物件も買取を実施しており、即日回答・10億円まで翌日決済可能といった『スピード買取』が特徴です。

豊田本憲(具本憲)が会長を務める塩原カントリークラブについて

塩原カントリークラブのイメージ

豊田本憲(具本憲)さんは、なんと昭和44年から続く歴史あるゴルフ場『塩原カントリークラブ』の代表取締役会長も務めています。

那須塩原市にある塩原カントリークラブは、首都圏からも好アクセスで、那須雄大な自然に広がるダイナミックなコースが人気です。また、広々とした大浴場やレストランなどの施設も充実しており、利用者からの口コミも高い評価を得ています。

 

  • 名称:塩原カントリークラブ
  • 設立:昭和44年4月14日
  • 本社・ゴルフコース所在地:〒329-2804 栃木県那須塩原市折戸148
  • 代表取締役会長:豊田本憲(具本憲)
  • 代表取締役社長:堀越三津夫
  • 理事長:渡辺勇雄
  • コース面積:103.95万平方メートル

豊田本憲(具本憲)のTwitter/インスタ/Facebookは?

豊田本憲(具本憲)さんのTwitterなどのSNSアカウントを調査してみましたが存在しませんでした。

趣味は、ゴルフ、釣り、ジム通いとのことですが、それ以外のプライベートに関する情報は公開されていないようです。

引き続き調査し、新たな情報が入り次第更新いたします。

この記事のまとめ

豊田本憲(具本憲)さんの経歴やプロフィールについてでした。

豊田本憲(具本憲)さんのプロフィールまとめ
  • 豊田本憲(具本憲)さんは韓国籍の日本で活躍するビジネスマンである
  • 株式会社リュージ―キャピタルを創業し、現在は代表取締役である
  • 株式会社ケンオブザワールドの代表である
  • 塩原カントリークラブを運営している

様々な分野で活動し、社会貢献と経済の両方に目を向ける豊田本憲(具本憲)さんの今後の活躍に注目です!