プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

刑部勝義のプロフィール!顔画像/経歴/SNSアカウント/職業/出身まとめ

刑部勝義とは一体何者なのか。刑部勝義さんの経歴や出身をはじめ、今どんな活動をしているのか、さらにはインスタやTwitterなどのSNSから、気になる顔画像までプロフィールを調査しました。

 

 

刑部勝義のプロフィール

刑部勝義の顔画像

名前

刑部勝義

読み方 おさかべ かつよし
生年月日 1975年2月5日
出身地 岐阜県関市
居住地 不明
身長・体重 172cm/65kg
血液型 B型
最終学歴 大学卒
職業

作家・ライター

刑部勝義の経歴

刑部勝義さんは岐阜県出身で、姉1人、弟1人の3人兄弟の真ん中として生まれ育ちました。

幼少期の刑部勝義さんは、戦隊モノに夢中で、変身グッズや武器や衣装を家にあるものを使い自分で作って遊んでいたそうです。この頃からすでにクリエイター気質だったのかもしれませんね。

小さい頃から、のんびり屋でおっとりした性格だったといいます。小学生になってからは、よく図書室で本を借りて読んでいたそう。読書感想文も得意だったと語っています。

小中高と地元の学校に通い、大学は愛知県の大学に進学。大学名は明かされていませんが、学部は文学部で、演劇サークルに所属していました。

大学卒業後は、就職はせず数年間のフリーターを経て脚本・ライターとしての活動を本格的にはじめました。

刑部勝義の職業

刑部勝義の職業

刑部勝義さんの職業は、小劇場や舞台を中心とした脚本作家、コラムの執筆などライターです。主な作品に「下町東沢ハムレット」があります。

この作品はシェイクスピアハムレットをオマージュした作品です。

【下町東沢ハムレットのあらすじ】
舞台は日本・東沢。
地元の名士である灰島悟が亡くなり、弟の灰島宗次が遺産を相続する。

悟の息子である灰島大翔(はると)は、母が夫である悟の死後、叔父である宗次と再婚したことに絶望する。
彼の生活は荒み、そんな彼を周囲の人々は心配していた。

そんな時、東沢神社に幽霊が現れるという噂が立つ。

大翔が神社を訪れてみると、それは亡き父の霊であった。話を聞いてみると、彼を殺したのは弟の宗次による謀略であったと言う。

復讐を誓った大翔は、気がふれた狂人の振りをして、宗次を暗殺する機会を待つのであった・・・
(引用元:https://openinfo.work/writer-osakabe/

刑部勝義さんは関西を中心に活動しているそうなので、関西方面に住んでいると見られます。

現在、活動の幅を広げておりクリエイターとしてメディア広告や、クリエイター仲間たちと個展を開催する予定もあります。

刑部勝義のSNSは?顔画像は?

刑部勝義さんのインスタやFacebookTwitterなどのSNSアカウントについてまとめてみました。

刑部勝義のTwitterアカウント

刑部勝義さん本人のSNSについて調べてみました。

ブログやSNSなどがありましたので、以下にまとめます。

刑部勝義のTwitterプロフィール画像

Twitterより

刑部勝義は結婚している?子供は?

刑部勝義さんは結婚しているのでしょうか?調べてみたところ、奥さんは大学時代の後輩で、同じ演劇サークルだったそうです。何歳に結婚したかは分かりませんでした。

SNSをチェックしてみたところ、子供は一人いるようで、男の子のようです。

奥さんや子供の顔画像はありませんでした。

刑部勝義の趣味

刑部勝義さんは趣味について、ブログやSNSで語っていましたので紹介します。

  • 読書
  • 雑貨
  • 食器
  • お茶
  • コーヒー
  • 旅行(景色が好き)
  • 甘いもの

が趣味・好きなものとしてあげられていました。

おしゃれな食器や、きれいな景色の画像がアップされていてセンスが伝わってきます。

どちらかというとインドアな趣味が多いようですね。ゆったりと楽しむことが好きなようで、おっとりした性格が伝わってきます。

 

刑部勝義の趣味イメージ画像

この記事のまとめ

以上、作家・ライターの刑部勝義さんについての調査まとめでした。

新型コロナウイルスの流行によって、演劇界なかなか厳しい状況ですが、コラム執筆など幅広く活動している刑部勝義さんの今後の活躍に期待です!