プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

三輪芳弘社長(興和株式会社)の経歴/実績がヤバすぎる!自宅はあの高級住宅街!

三輪芳弘さんとは、興和株式会社の社長を務める人物です。

胃腸薬の『キャベジンコーワ』や肩こりや筋肉痛に効く『バンテリンコーワ』、風邪薬の『コルゲンコーワ』、『三次元マスク』など、これらはすべて興和株式会社が開発・販売する製品です。皆さん一度はドラッグストアで製品を買ったり目にしたことがあるのではないでしょうか!

今回は、新型コロナウイルスでのマスク不足解消にも貢献した超大企業の社長を務める三輪芳弘さんの経歴や、実績、家族や大豪邸すぎる自宅についても調査してみました!また、興和を築きあげてきた三輪一族についてもまとめましたので、ご覧ください。

三輪芳弘のプロフィール

三輪芳弘の顔画像

興和公式サイトより
名前 三輪芳弘
読み みわ よしひろ
性別 男性
生年月日

1955年10月30日

出身地 愛知県名古屋市
身長/血液型 不明
学歴

慶應義塾大学 大学院

職業

代表取締役社長

所属 興和株式会社

三輪芳弘の経歴

三輪芳弘さんの生まれから、社長に就任するまでの経歴を紹介します。

生い立ち

三輪芳弘さんは愛知県名古屋市の出身で、父の三輪隆康氏と母の広瀬純子氏のもとに、三人兄弟(弟と妹)の長男として生まれました。

そして慶應義塾大学に進学、そして同大学の大学院を卒業後、興和株式会社に入社します。

なお、父親の三輪隆康氏は興和の前社長です。興和の歴代社長と三輪一族については、後ほど詳しく紹介します!

興和入社から現在までの経歴

ここからは、三輪芳弘さんの興和入社から現在までの経歴を紹介します。

1980年 興和株式会社に入社
1988年 興和紡績株式会社の取締役に就任
1989年 興和株式会社の常務に就任
興和新薬株式会社の副社長に就任
(2019年に興和に吸収合併)
1991年 興和株式会社の専務に就任
興和紡績株式会社の専務に就任
1993年 興和株式会社の副社長に就任
興和紡績株式会社の副社長に就任
1995年 興和株式会社の社長に就任
興和紡績株式会社の社長に就任
興和新薬株式会社の社長に就任(2019年に興和に吸収合併)
2016年 日本一般用医薬品連合会の会長に就任
在名古屋タイ王国名誉総領事に就任
2019年 日本セルフケア推進協議会(JSPA)の代表理事(会長)に就任

三輪芳弘さんの興和社長歴は、2021年時点で26年となり、今も現役です。
そして、三輪芳弘さんは興和社長にも、日本セルフケア推進協議会の代表理事(会長)など様々な組織の役職に就任しています。

三輪芳弘の家族構成と三輪一族について

三輪芳弘さんは結婚しており、奥様と、息子さんと娘さんがいらっしゃいます。

最初に少し触れましたが、三輪芳弘さんの父親・三輪隆康さんは興和株式会社の前社長で現会長です。三輪芳弘さんの5歳年下の弟・三輪晃裕さんは、現在興和の取締役を務めています。

そして三輪芳弘さんの祖父にあたる三輪常次郎さんは、何を隠そう興和の前身会社である『綿布問屋(服部兼三郎商店)』を1894年に創業した人物です!興和はココから始まっているのです。

三輪芳弘さんには長男がいらっしゃるので、ゆくゆくは息子さんが継ぐのでしょうか。

三輪芳弘の自宅は大豪邸!

知名度の高い大企業の社長となると、どんな家に住んでいるのか気になりませんか?(笑)

三輪芳弘さんの自宅について調査したところ、東京の高級住宅街である田園調布(大田区)にお住まいのようです。
田園調布は芸能人や経営者、お医者さんなどが多く住む高級住宅街なので、立派な家がたくさん建ち並んでいますが、その中でも一際目を引く大豪邸!レンガ調の洋風なご自宅で、とても素敵な外観です。きっと中も高級インテリアが置かれた素敵なお部屋なのではないでしょうか。

(他サイトで画像が掲載されていましたが、当サイトでは掲載を控えさせていただきます。) 

三輪芳弘/興亜株式会社の実績

三輪芳弘さんの社長就任を機に、興和株式会社は国内だけではなく海外進出を積極的に進め、よりグローバルな視野で事業を展開しています。例えば、一般用や後発薬も含めた医療用に幅広く力を入れおり、販売地域もアジアや欧米に拡大しています。

このような実績の他にも、三輪芳弘さんと興和株式会社のこれまでの実績をいくつか紹介いたします!

経営者としての手腕

三輪芳弘さんは、経営のトップとして常に時代のニーズを敏感に捉え、グローバルな視野での判断を大切にしているそうです。

その経営方針により、三輪芳弘さんが社長に就任した当初の興和は、繊維部門の売上は全体の約50%、医薬品は約15%といった割合だったそうですが、現在では繊維10%台、産業・化学が約30%、医薬品が約50%とバランスの取れた経営となっています。

コロナでのマスク不足の解消に貢献

新型コロナウイルスの感染拡大によりマスクが品薄となり、海外製の粗悪なマスクしかなく、国内メーカーのマスクを多くの人が求めていた時期に、興和のマスクが一部で出始めました。

なぜかというと、興和は国内・海外工場をフル稼働し、マスク生産量をなんと月5,000万枚増産し、マスク不足解消に取り組んでいたのです。興和はもともと国内家庭用マスク市場で、ユニ・チャームと『マスク2強』とされる企業です。

新型コロナウイルス対策として政府が行ったアベノマスクの発注先の一つでもあり、ガーゼ(布)マスクによるマスク不足解消にも貢献しています。

業務用LED照明参入

興和は、2011年に施設に備え付けるタイプのLED照明機器に参入しました。

2010年に韓国のベンチャー企業テックデザインライトパネル(業務用の大型照明やLED照明関連製品の開発・製造・販売)と資本・業務提携し、同社製品の日本での独占販売権を取得した経緯があります。

今後は、節電・環境意識の高まりからも、需要拡大が期待されており、売上は順調に伸びているそうです。

高脂血症治療薬の新薬を発売

興和は、2017年に承認を取得した高脂血症治療薬『パルモディア』を2018年に日本で発売しました。

これは医療用医薬品で、開発に15年、そして総開発費用に1千億円弱かかったそうです。

高脂血症とは、食事や運動不足による生活習慣または遺伝などの原因により、血液中にコレステロール中性脂肪が増えすぎてしまう病気です。動脈硬化脳卒中を引き起こす可能性があります。

興和が発売した高脂血症治療薬『パルモディア』は、血中の中性脂肪を下げ、善玉コレステロールを増やす作用があり、さらには、既存の治療薬とは異なり副作用がほとんど発生しないという特徴があるそうです。

市場規模は、日本で3,300万人、欧米で3億人以上との試算で、現在約1万人の治験者により臨床試験が行われています。
そして欧米での発売は、早ければ2021年末を見込んでいるそうです。

世界的にも多くの患者がいるため、パルモディアが今後グローバルに展開されることで、収益の柱になっていくと想定されています。

ミノムシの糸を産業利用

2018年興和は、ミノムシから効率的に糸を採取する技術を農業・食品産業技術総合研究機構と開発したことを発表しました。

ミノムシの糸はとても強度が高いことがわかり、繊維強化プラスチックの新素材として実用化していく方針で量産化に向けた研究を進めています。
今後は、防弾チョッキ・自動車部品・航空機のボディー・医療用機器など様々な用途を想定しているそうです。

これが実現すれば、化学繊維の代わりに使うことで石油の使用を減らせ、環境保全にも繋がり、興和株式会社(三輪芳弘社長)の新たな実績が生まれるのではないでしょうか。

日本セルフケア推進協会会長としての活動実績

三輪芳弘さんが会長を務める日本セルフケア推進協会は、一般用医薬品サプリメントなどで健康寿命延伸に貢献しています。

『日本型セルフケアの推進とアジア太平洋地域への普及』を重点的に取り組むとしており、新税制の提案や、新型コロナウイルスを教訓とした緊急事態対策マニュアルの策定、セルフケア情報の発信を行い、これからも国民の健康寿命延伸に貢献する健康活動を行っていくそうです。

 

興和株式会社とは

興和株式会社のロゴマーク

さて、ここまでは三輪芳弘社長について紹介してきましたが、最後に興和株式会社が一体どのような会社なのかまとめました。

三輪芳弘さんが社長を務める興和株式会社とは、「医薬」「電気工学」「生活関連」「産業・科学関連」の4つの事業を柱とし、商社とメーカーの機能を併せもった、多岐に渡る分野で事業を展開している企業です。

興和は、人々の健康をメインテーマとした製品開発と省エネや地球環境にやさしい製品開発に力を入れています。さらにはAIやIoTなど、新たな技術を取り入れた製品づくりも行っています。

会社概要

会社名 興和株式会社
創業 1894年12月25日
資本金 代表取締役社長 三輪芳弘
資本金 3,840百万円
売上高 422,576百万円 (2020年3月期決算:連結)
従業員数 6,583名 (2020年3月現在:連結)
本社所在地 愛知県名古屋市中区錦三丁目6番29号
主な事業内容 【商社部門】繊維、機械、建材、船舶、鉱物資源、化成品原料、生活関連物資などの輸出入、三国間貿易および国内販売
【メーカー部門】OTC・医療用医薬品・医療用機器の研究開発・製造販売、LED照明機器・再生可能エネルギー発電システム・光学機器の研究開発・製造販売・輸出入
市場情報 未上場

創業から数えると、なんと120年以上の歴史のある会社です。

 

主な製品

興和株式会社はドラッグストアなどで手軽に買える薬だけではなく、医療用の医薬品も数多く手掛けていますが、ここでは、医師の処方がなくても買える製品を一部だけご紹介いたします。

きっと知っているものが一つはあると思いますよ!

KOWAの主な製品一覧画像

興和株式会社の製品

 

  • かゆみ/虫刺されに『ウナ』コーワシリーズ
  • 飲みすぎ/食べすぎに『液キャベ』/胃腸薬の『キャベジンコーワシリーズ
  • 疲れた体/頑張るあなたに『キューピー』コーワシリーズ
  • 総合かぜ薬の『コルゲン』コーワかぜシリーズ
  • くしゃみ/鼻水に『コルゲン』コーワ鼻炎シリーズ
  • 手荒れや乾燥によるかゆみに『ケラチナミンコーワシリーズ
  • 肩こり/腰痛/筋肉痛に『バンテリンコーワシリーズ
  • 大腸の状態を正常に近づける『ザ・ガード』コーワシリーズ  など

どうですか?知っている製品があったのではないでしょうか。これだけ知名度の高い製品を生み出しているのはすごいですよね!

筆者の自宅にも、興和の製品がありました(笑)

三輪芳弘の興和商品Dr.Nail

ザ・ガードコーワ

バンテリンや三次元マスクもよく購入します(笑)

そして、コーワのキャラクターであるケロちゃん、コロちゃんや、液キャベくんたちがとても可愛い!

コーワのキャラクター

興和公式サイト/ケロケロランドより引用

興和の公式サイト内にあるケロケロランドでは、各キャラクターの紹介や、ビンゴゲームでグッズがもらえたり、ぬりえなどを楽しめるコンテンツがあるので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

この記事のまとめ

以上、興和株式会社の三輪芳弘社長についてでした!

調査結果をまとめると以下の通りです。

三輪芳弘のプロフィールまとめ
  • 興和株式会社の社長である
  • 父親は興和の前社長で、祖父は興和を創業した人物である
  • 田園調布に住んでいる
  • 妻・息子・娘がいる
  • 興和株式会社は商社とメーカーの機能をもった企業である
  • 興和株式会社は誰もが知る製品や医療用の医薬品を多数開発・発売している
  • コロナ禍において、マスクの製造や感染症対策と予防についての情報を発信している

三輪芳弘さんがどんな人物なのかお分かりいただけましたか?

まだまだ新型コロナウイルスの蔓延が収まりを見せない現状、マスクが必須かと思います。 興和株式会社は日本製マスクや、除菌スプレーなどの製造販売をしていますし、感染症対策の情報を発信してくれています。

今後も消費者のニーズに応える製品や、日本のより良い未来を創る事業を展開していく興和株式会社と三輪芳弘社長に注目です!