プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

後藤悟志(太平エンジニアリング)社長の経歴は?評判/年収/自宅に迫る!

後藤悟志さんとは株式会社太平エンジニアリングの社長を務めている人物です。

太平エンジニアリングは空調やガスなどの設備関連の事業を展開している会社で、 今回はそんな後藤悟志社長のプロフィールや経歴、年収、家族構成、太平エンジニアリングとの関係性、大豪邸と噂の自宅について等、詳しく調査したものをまとめましたので是非ご覧ください!

後藤悟志のプロフィール

後藤悟志の顔画像

名前 後藤悟志
読み方 ごとう さとし
生年月日 1957年11月12日
出身地 東京都
居住地 東京都杉並区
身長・体重 177cm/90kg
血液型 O型
最終学歴 青山学院経営学部 卒業
職業 株式会社太平エンジニアリング代表取締役社長

後藤悟志の生い立ちと学歴

後藤悟志社長の幼少期はいわゆる『ガキ大将』だったそうで、幼少期から人をまとめることが得意で元気いっぱいに遊んでいた様子が想像できます。

祖父・父が経営者だったことから、幼い時から経営や帝王学について自然と学んできました。

また、学生時代から音楽が好きでギターやボーカルについてはセミプロレベルであるといった情報もありますので、なかなかの実力の持ち主のようです。

出身中学は不明ですが、高校は明星高等学校に進学し、1980年3月に東京都の青山学院大学経済学部を卒業しています。

後藤悟志の経歴

後藤悟志社長の経歴をご紹介します。

  • 1980年 ニッカウヰスキー株式会社入社
  • 1987年 株式会社太平エンジニアリング入社(営業本部 本部長付部長代理)
  • 1990年 株式会社太平エンジニアリングのメンテナンス本部長就任
    その後取締役に就任
  • 1991年 株式会社太平エンジニアリングの常務取締役に就任
  • 1993年 株式会社太平エンジニアリングの専務取締役に就任
  • 1996年 株式会社太平エンジニアリング 代表取締役社長に就任

異業種となる太平エンジニアリングへの入社は非常に不安な面もあったようですが、幼い頃から父の背中を見て、自分も将来は会社を継ぐと思っていた後藤悟志社長は自らが培ってきた経験を活かし、現在では太平グループの年商700億円という優良企業にまで成長させています。

太平エンジニアリングとは

太平エンジニアリングのホームページ画面

後藤悟志さんが社長を務める太平エンジニアリングとは一体どのような会社なのか、概要・事業内容などをご紹介します。

会社概要

  • 会社名:株式会社太平エンジニアリング
  • 代表者:代表取締役社長 後藤悟志
  • 設立:1949年5月(当時 三榮建設工業株式会社)
  • 資本金:4億9,000万円
  • 所在地:(本社)東京都文京区本郷一丁目19番6号
    Tel.03(3817)5511/FAX.03(3817)5513

事業内容

  • 空調設備事業
  • 給排水
  • 衛生設備事業
  • ガス関連設備事業
  • メンテナンス・サービス事業
  • リノベーション事業
  • ECOMACS
  • 不動産事業
  • 外食・ゴルフ・リゾート事業
  • 保険代理業
  • 商品販売業
  • 海外事業
  • 金融事業
  • 介護サービス事業
  • その他設備、サービス事業

太平エンジニアリングの事業内容は非常に多彩で、建物を快適な空間にするための様々なサービスを提供しています。

そして太平エンジニアリングでは、お客様とのきめ細やかなコミュニケーションで問題に的確に対応する『ワークフロー』・全国に広がる支店や営業所にあるネットワークでニーズにスピーディーに対応する『ネットワーク』・IOTの進化に対応しつつ太平独自に蓄積したビッグデータや技術向上による『テクノロジー』といった、3つの強みを持っていることが特徴です。 

後藤悟志と太平エンジニアリングの関係性

株式会社太平エンジニアリングは後藤悟志社長の祖父が創業した会社で、元々は『三榮建設工業株式会社』という社名でした。

1代目が祖父、2代目に父が社長を務めたことで、いずれは自分も3代目の社長になると確信していたそうです。

そして、父親の体調不良をきっかけに、3代目の後継者になるためニッカウヰスキーを退社し、太平エンジニアリングへ入社しました。

入社後は持ち前の営業力と父から教わった帝王学を武器に実力をどんどん発揮し、入社9年目で代表取締役社長へと就任しています。

後藤悟志の実績

後藤悟志さんは社長へ就任してから、様々な結果を残してきました。とにかく営業能力の高さと頭のキレは群を抜いているとされる後藤悟志社長の実績を見ていきましょう!

グループ売上の倍増

異業種からの転職、そして社長となった後藤悟志さんは不安の連続だったそうですが、グループ全体の売上高700億円(2020年6月時点)とグループ売上の倍増に成功しています。

また、太平エンジニアリング単体についても2018年491億円、2019年560億円、2020年582億円と右肩上がりの結果を残しています。

多角経営

後藤悟志社長は自身の営業力により社長就任後、M&A等で新たに複数の業種展開を始めています。

太平グループには建築設備である太平エンジニアリングの他、20社以上のグループ会社が存在していて外食業や金融業、介護サービスなどもあります。

これらの事業は後藤悟志社長が就任してから新たに始めた事業です。

海外進出を推進

2005年から太平エンジニアリングが日本国内で培ってきた住・食の環境創りを海外にも提供するため、東南アジアをスタートにグローバル化への挑戦を始めました。

2022年1月時点では、シンガポールミャンマーカンボジアベトナムの4か国に拠点を置いて事業展開を行っていて、設備工事やメンテナンスの他、レストラン・ホテル事業も手掛けています。

後藤悟志の年収

後藤悟志社長の年収に関する公表は見つからなかったため憶測となってしまいますが、太平エンジニアリングの2021年3月期決算は618億円で、後藤悟志社長の年収は最低でも2~3億円ではないかという情報もありますが、真相は不明の為、引き続き調査を継続し信頼度の高い情報が分かり次第追記したいと思います。

後藤悟志の自宅はどこ?

後藤悟志社長の自宅は東京都杉並区にあり、立派な塀に囲まれた大豪邸です。
シックで落ち着きがある印象の外観で、大きなガレージもあるようなので中には高級車が数台停まっているかもしれません。

後藤悟志の性格/特技/趣味

後藤悟志社長の性格は兄貴肌気質だそうです。社長にふさわしく頼れる存在で、社員には厳しく接することもあるそうですが社員の幸せを常に考え行動するなど、まさに頼れる兄貴といった感じの人物だそうです。

また、音楽・ゴルフ・ギターが趣味で、音楽に関してはセミプロレベルなのだそうです。 ゴルフに関しても事業でゴルフ場の運営等を積極的に行うなど、趣味から仕事へと発展させるなど、公私共に充実していることが伝わります。

後藤悟志の評判

太平エンジニアリングの社員や協力業者の方からみた後藤悟志社長の評判を調査しました。

やはり目立ったのは『営業能力の高さ』についての評判です。
難関と思われる大手会社からの仕事をどんどん獲得してくる姿にやる気をもらっているといった口コミもありました。

後藤悟志社長は顧客第一主義・社員の幸せ・協力業者への感謝をとても大切にしていて、兄貴肌の後藤社長は自身も営業を行い、成果を残すといった姿を背中で教えてくれているのかもしれません。

後藤悟志の家族構成

後藤悟志社長は結婚されていて、妻と娘がいらっしゃるそうです。
娘の他に兄弟がいるのかは不明ですが、後藤悟志社長自身は3人兄弟の次男で、兄の後藤高志さんは、現在、西武ホールディングス代表取締役社長・西武鉄道取締役会長を務めています。

この記事のまとめ

以上、株式会社太平エンジニアリングの社長である後藤悟志さんについてでした。

最後に調査結果をまとめました。

後藤悟志のプロフィールまとめ ・株式会社太平エンジニアリングの社長である
・祖父が創業者で、父が2代目、後藤悟志社長が3代目を務めている
・東京都出身で、現在は東京都杉並区に住んでいる
・営業の実力はトップクラス
・性格は兄貴肌でギター・ボーカルに関してはセミプロレベルである
・太平エンジニアリングは現在、海外進出も積極的に展開中

今回の記事で後藤悟志さんがどのような人物なのかお分かりいただけたら幸いです!

今後も既存事業の成長とグループ会社の拡大に期待がもてる太平エンジニアリングと会社を率いる後藤悟志さんに注目していきましょう。