プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

吉岩勇紀は何者?合同会社PPS設立者の経歴とWikipedia的プロフィール

吉岩勇紀さんは合同会社PPSを創業した人物ですが、波乱万丈な経歴の持ち主でもあります。

今回は、吉岩勇紀さんは一体どんな人物なのか、プロフィールを始め経歴、家族、創業した合同会社PPSについて、周りからの評判など、Wikipedia並みに調査した内容をご紹介します。

吉岩勇紀のプロフィール

吉岩勇紀の顔画像

※ご本人画像
名前 吉岩勇紀
読み よしいわ ゆうき
性別 男性
生年月日

1978年11月19日

出身地 大分県
居住地 大分県大分市
血液型 A型
身長/体重 175cm /75kg
職業

合同会社PPS 代表/ジャパンマイニングシステム株式会社 代表

吉岩勇紀の生い立ち

吉岩勇紀さんは大分県出身で、男5人兄弟の次男として生まれました。

自然豊かで動物もたくさんいる環境で生まれ育った幼少期の吉岩勇紀さんは、好き嫌いがはっきりしていて、とにかく好きになった事に対し入れ込む子供だったそうです。

子供の頃のエピソードとして、犬が好きだった吉岩勇紀さんは野良犬を見つけては家に連れて帰って親に怒られ、次の日にはまた違う犬を連れて帰り、家の庭に何匹も拾った犬が吠え回り、近所の人にも怒られていたそうです(笑)

また、教育熱心な家庭だったそうで、学校後には塾や家庭教師が毎日あるという忙しい小学生時代を過ごし、その反動で中学生になると学校の授業がとにかく嫌で、サボって過ごしたそうです。

吉岩勇紀の経歴

吉岩勇紀の経歴

※イメージ画像

吉岩勇紀さんは、中学を卒業し高校へ進学するも退学し、料理人を目指すも合わずに辞めてしまいます。

その後、16歳で地元の理容室で理容師として働き始めました。そこで店長から技術や社会人としてのイロハを学び修行に励みます。そして22歳の時に店長となった吉岩勇紀さんは、お店の経営のことも考える様になり自分のお店や起業したい願望もこの時に生まれました。

そして修行を続けた吉岩勇紀さんは、26歳で美容室を開業し独立する夢を叶えることができました。しかし、経営が好調に進んでいた矢先、なんとお父さんが借金苦で自ら命を絶ってしまうという衝撃的な出来事が起こってしまいます。

お金が原因でこの世を去ってしまったお父さんの一件で、吉岩勇紀さんはお金への執着心が強まったそうです。また、お店の経営だけでは自分の考えるライフプランには程遠く、もっとお金を稼ぎたいという気持ちも強くなり、当時経営が好調で気持ち的に浮ついてしまっていたこともあり、他のビジネスや投資にも手を出してしまいました。その結果、手を出したビジネスや投資に失敗して、吉岩勇紀さんは1億円以上の借金を背負ってしまうのです。

吉岩勇紀さんはその時の借金をおよそ2年半で完済したものの、その辛い経験から、お金と人生との関係と考え方を見直すことを決意しました。そこで、資産を守るためのサポートを始めようと海外銀行の口座開設サポート業「合同会社PPS」を設立するに至ったのです。

吉岩勇紀が設立した合同会社PPSとは

合同会社PPSのホームページ画像

合同会社PPSのホームページ画像

吉岩勇紀さんが設立した合同会社PPSは、日本人でも安心して海外銀行の口座開設と利用ができるサポートを行う会社です。

具体的には、海外銀行での口座開設時に、言語の壁や、入出金方法や使い方など開設方法に不安な点が多くあるといった場合、合同会社PPSが翻訳作業や操作マニュアルの準備など、口座開設に関わるあらゆる作業のサポートをしてくれます。

合同会社PPSでの海外口座開設者は2,500人を突破しています。

ちなみに、海外銀行の口座を持つことでどんなメリットがあるのかというと、高金利の定期預金を組めたり、日本国外に資産を持つことで日本経済の影響によるリスク回避という役割を持てます。

合同会社PPSの特徴

合同会社PPSの特徴は、開設の代行業務や口座を作るサポートだけで終わりではなく、顧客のライフプランに合った口座の提案や、開設・口座管理のマニュアル、手順の説明、開設後のアフターフォローなど、一生涯の資産形成パートナーを目指してサービスを提供している点です。

また、企業や個人事業主の節税対策のサポートに特化した、仮想通貨マイニングファームの運営も行なっており、中小企業強化税制の活用で暗号通貨を採掘するマイニングマシンを購入し、暗号通貨を継続的に取得できる環境を作るサポートも行っています。

会社概要

  • 会社名:合同会社PPS
  • 代表:吉岩勇紀
  • 所在地(本社):〒870-0024 大分県大分市錦町2丁目12番8号
  • 東京営業所:〒104-0031 東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン 14F
  • 事業内容:海外銀行口座開設サポート業務/口座開設に係る翻訳業務

吉岩勇紀はどんな人?趣味は?評判は?

吉岩勇紀の人物像

※イメージ画像

ここからは、吉岩勇紀の人物像についてみていきましょう。

吉岩勇紀さんは、どのような性格なのか、周りからどういう人と思われているのかをご紹介します。

性格

吉岩勇紀さんは自身の性格を、小さい頃から好き嫌いがはっきりしていて、とにかく好きになった事に対し入れ込み、気になったことは自分でやってみないと気がすまない性格だと語っています。

そして、人を楽しませる・喜ばせることが好きで、仕事も趣味も相手に喜んでもらえることが自分の中でやりがいになっていて、性格に合っていると感じるそうです。

趣味は料理とマジック

吉岩勇紀さんは、子どもの頃から物を作ることが好きで、特に料理は今も趣味で続けているそうです。家でも料理をすることが多く、なんと会社でも息抜きや気分転換でローストビーフなどを作り、スタッフに振る舞ったりすることもあるそうです。

他にも、マジックや手品が得意で、子供連れのお客さんにマジックを披露し、喜んでもらっているそうです。中には「やり方を教えてください!」と弟子になることを希望する人もいて、仕事の話で会ったつもりがマジック披露会になったというエピソードもあるそうです。

周囲からの評判

社員からみた吉岩勇紀さんの評判は、「気さくな人」「おもてなしが好きな人」「責任感がある」「生真面目」「のんびり屋な面もある」「有名人・著名人など人脈が広い」といった人だそうです。

また合同会社PPSのお客さんからの評判は、「問題を解決する力と資産形成の豊富な知識を信頼し、グループの金融顧問をお願いしてる」「海外銀行口座のことなら何でも答えてくれる」「ビジネス以外の話でも面白い人」「安心してお願いできる」「資産運用を知ることができ、楽しかった」と、吉岩勇紀さんが提供するサービスに対して信頼を寄せる人が多いことが評判から分かりました。またサービス内容だけでなく吉岩勇紀さんの人間性に好感を持っている人も多いようです。

吉岩勇紀は結婚している?家族について

吉岩勇紀の家族写真

※イメージ画像

吉岩勇紀さんは結婚はしていて、2人のお子さんがいます。Facebookには、一緒に子供の自転車練習をする仲睦まじい姿が投稿されています。

子供は、男の子と女の子で、長男は自由奔放で吉岩勇紀さんの子供時代と似ていると感じることが多く、手を焼かされているそうです。

また、吉岩勇紀さん自身は男5人兄弟の次男で、子どもの頃から仲が良く、今でも兄弟と世間話だけではなくビジネスの相談もするなど、兄弟全員が家族の垣根を超えたビジネスパートナーでもあるとのことです。

吉岩勇紀のTwitterFacebookは?SNS情報

吉岩勇紀さんはTwitterFacebookInstagramなどのSNSをやっているのか調べたところ、いくつかご本人と思われるアカウントが見つかりましたので一覧でご紹介します。

TwitterInstagramプロフィール画像は吉岩勇紀さんの写真ですが投稿がなく、公式マークは取得されていませんのでご本人のものなのかハッキリとは分かりませんが、Facebookには吉岩勇紀さんの多数の写真や旅行の思い出などが投稿されているので、ご本人のアカウントに間違いなさそうです。

コロナ禍前の2019年頃の投稿ではありますが、仕事で日本各地や海外を飛び回っています。また、旅行もお好きなようで、韓国やフィリピン、アイスランド、ドイツ、などなど、様々な国での写真が投稿されていました。Facebookの友達数も多いことから、評判どおり人脈も広いことがわかります。

この記事のまとめ

以上が吉岩勇紀さんのプロフィールでした。

辛い経験から、お金と人生との関係と考え方を見直したことで、見事人生も立て直した吉岩勇紀さん。

失敗しても腐らず、その経験を活かし『ただ稼ぐことが目的でなく、人生を良くするためにお金が必要だと考え行動するようになった』とインタビューで語っています。

その経験や考えから、これからも合同会社PPSを通し多くの人のお金の不安を解決してくれるのではないでしょうか。