プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

浦崎忠雄(メハーゲングループ)の経歴!医療改革を目指すその人物像とは?

浦崎忠雄さんは、医療ソリューションを提供するメハーゲングループの代表を務めている人物です。

メハーゲングループとは、医療業界に特化した9社が集まるグループ企業で、医療改革を目指した取り組みを行っていることでも注目を集めています。

その会社のトップに立つ浦崎忠雄さんは、世界的に遅れをとっている日本医療のIT化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組んでいることでも評判となっていることから、今回はその人物像について調査しました。

この記事では、浦崎忠雄さんのプロフィール、経歴、メハーゲングループの会社の事業内容などをご紹介しています。

浦崎忠雄のプロフィール

浦崎忠雄の顔画像

※イメージ画像
名前

浦崎忠雄

読み方 うらさき ただお
性別 男性
生年月日 不明
出身地 不明
学歴 不明
身長・体重 ーcm/ーkg
血液型

不明

所属

メハーゲングループ 代表

浦崎忠雄の経歴

浦崎忠雄さんは、大学卒業後に医療機器輸出を行う企業に入社しています。その他にも医療機器の製造を行う企業や、輸入商社で経歴を積み、様々な方面から医療機器と関わってきました。

1992年4月に独立を果たし、福岡県で高度医療機器販売や医療用IT事業の会社を設立します。

その後、2008年10月に福岡県福岡市に本社を置くホールディングスカンパニーとしてメハーゲングループを設立した浦崎忠雄さんは、創業当時から現在に至るまで代表を務めています。

浦崎忠雄が経営するメハーゲングループとは

医療に特化した会社

浦崎忠雄さんが経営を行っているメハーゲングループは、9つのグループ企業で構成されています。

会社名となる「メハーゲン(MEHERGEN)」の由来はオランダ語の「Medisch Hervomingen=医療改革」を日本向けに短く略した造語で、日本医療のIT化を医療機器や医療システムの提案を通じて貢献していきたいという想いが込められています。

日本医療における、「医師の質」「医療設備」「自己負担額」等は世界的にトップレベルと言えますが、「電子カルテの普及」や「待合室での待機時間」「検査室等の割り振り」などに関しては医療先進国に比べて遅れをとっているのが現状です。

メハーゲングループでは、日本医療の弱点といえるDX(デジタルフォーメーション)化の普及を目標に様々な医療に関するITシステムの開発を行っています。
一例として、クラウド型12誘導心電図伝達システム「SCUNA(スクナ)」や心臓植込み型デバイス・一括間隔モニタリングシステム「ORFICE(オルフィス)」などが挙げられ、導入が急速に進んでいるシステムです。

会社概要

  • 企業グループ名:メハーゲングループ
  • 設立:平成20年10月
  • 代表:浦﨑忠雄
  • 資本金:4億7,000万円(グループ合計)
  • 売上高:売上高 470億円 (グループ合計)
  • 社員数:520名(グループ合計)
  • 営業所:青森・宮城・福島・埼玉・東京・千葉・名古屋・大阪・京都・和歌山・神戸・姫路・岡山・広島・ 福岡・北九州・久留米・佐賀・長崎・熊本・ 鹿児島・大分・宮崎・佐世保・沖縄
  • 事業内容:高度医療機器販売、医療用ソフトウェアの製作販売、 医療機器製造販売、グループの経営戦略、新商品開発、商品販売企画、IT医療分野の企画開発、医療経営分析に係る企画開発、医療機器企画開発、医療情報研究伝達、医療物流システム企画開発、新薬治験の企画開発を担う

医療現場の課題解決を目指すメハーゲングループの構成

メハーゲングループは、医療現場の課題解決を目指して各医療機器製造や治験サポート分野等に強い企業とのM&Aを国内外問わず積極的に行っている会社です。

中核企業として、グループ全体の経営企画や管理、新商品開発などを行う株式会社メハーゲンを中心にディーラー事業、システム開発・製造、治験サポート、医療機器製造・販売に強い企業が集まりメハーゲングループが構成されています。

ディーラー事業

ディーラー事業では、グループ企業である「株式会社エムアイディ」と「株式会社フィデスワン」が中心となって、メハーゲングループが取り扱っているバルーンカテーテル、ペースメーカー、人工股関節等の医療機器や医療用消耗品、ソフトウェア・システムの販売を行っています。

メハーゲングループでは、この2社と共に関東、関西、九州エリアを中心に全国的に医療機器ディーラーとして数々の医療センターや大学病院、総合病院等と取引を行い、事業を展開しています。

システム開発・製造

医療用ソフトウェアのシステム開発や製造事業では、「株式会社ネクシス」が中心となって業務を行っています。医療費抑制政策が進む中、病院経営の効率化を図るにはデジタル化が必須であると考え、医療用動静止画像の院内外のネットワーク構築、PACS(画像保存通信システム)、電子カルテ、オーダーリングシステムなどを通して患者に最善の医療を提供できる環境づくりを目指して事業を行っています。

システム開発では、医療現場の生の声を集め、医師と共に共同開発を行うことで本当に必要とされる製品が完成し、高い評判を得ています。

治験サポート

グループ企業の「ユーネクスト株式会社」を中心に、メハーゲングループでは治験サポート業務も行っています。

治験コーディネーターの派遣や治験事務局支援などの治験サポートの他、病気の予防や診断、治療方法の改善、病気の原因解明など、人々の生活の質の向上(QOL)を目的とした臨床研究や疫学調査等にも取り組んでいます。

治験サポート事業では、「被験者の安全」を前提に満足度の高い業務を執り行っていることが特長です。

医療機器製造・販売

医療機器製造・販売事業では、医療機器や医療用具などを通じて様々な病院をサポートしています。この事業では、4社がそれぞれ得意とする医療機器等の製造や販売を行っています。

生体信号測定器、多機能健康管理システム、長時間心電図記録器等を医科や薬局に向けて製造販売を行っている「株式会社パラマ・テック」、医療用品や介護用品等をインターネット上で販売を行っている「株式会社シーエス・ラボ」、ホルター心電計や運動負荷検査用心電計、安静時検査やそれらを一元管理する統合ソフトウェアの開発を行う「株式会社ラブテック」、医療機器や医療用具の総合商社として医療施設づくりのサポートを行っている「アイペックホールディングス株式会社」があります。

また、株式会社ラブテックはハンガリーに本社のある会社で、メハーゲングループがヨーロッパへの販路を持つためにM&Aを実行し、今後もさらなる事業展開が予想されます。

浦崎忠雄の人物像

浦崎忠雄の人物像

メハーゲングループの代表挨拶やインタビューを基に浦崎忠雄さんの人物像について調査しました。

浦崎忠雄さんは現在の日本医療の弱点と強みをしっかり見極めていることから、勉強熱心な方であることが分かりました。

日本の医療技術はトップレベルでありながらもDX化が進まない理由として後方支援に着眼点を置き、医療用ITの推進や医療機器の開発のニーズを見つけ出したことから、目利きセンスが高く、これらを強化するためにホールディングスカンパニーとして各分野の強化を実行したことから経営者としての視点の広さ持つ人物であることも分かりました。

また、浦崎忠雄さんはメハーゲングループの社員に向けて“働く全ての人たちが面白き人生、面白き仕事を追い求める精鋭集団とならん事を願っています”という想いがあることを代表挨拶で綴っていることから、権威的ではなく寛容な人物であることが伺い知れます。

ちなみに浦崎忠雄さんの趣味は囲碁だそうです。

この記事のまとめ

浦崎忠雄さんの経歴、人物像、代表を務めるメハーゲングループの詳細についての紹介は以上となります。

浦崎忠雄さんの情報は非常に少ないことからどういった人物なのか気になっていた方もいたかと思いますが、代表挨拶や企業の取り組みから、日本の医療現場をより質の高い環境にするために医療機器などを通じてサポートを行い、日本で生活する人々のQOLの向上に貢献してくれている人物であることが分かりました。

医療現場でITソリューションを活用することは、人手不足の解消や事務作業等による多忙解決へと繋がると考えられます。

浦崎忠雄さんが代表を務めるメハーゲングループの製品やサービスが普及することで、日本の医療現場がさらに向上されることでしょう!