プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

垂水圭竹はフラワーアーティスト?活動/経歴/作品/家族Wiki風プロフ!

垂水圭竹(たるみ けいちく)さんとは一体何者なのでしょうか。

垂水圭竹さんはフラワーアーティストではなく、「花と空間の調和」をコンセプトとして、生け花の技術をもちいて空間の印象を一変させるフラワーアーキテクトの第一人者として活躍されている人物です。

世界の名だたる企業やホテル、ハイブランド、メゾンからのオファーが絶えない垂水圭竹さん。

そんなフラワーアーキテクトの垂水圭竹さんとは一体どんな人物なのか経歴や活動、家族などについて詳しくご紹介します。

垂水圭竹のプロフィール

垂水圭竹の顔画像

引用元:https://keichikutarumi.com/
名前

垂水圭竹

読み方

たるみ けいちく

生年月日 不明
出身地 不明
居住地 不明
身長・体重

不明

血液型 不明
学歴

不明

職業

フラワーアーキテクト

所属

株式会社ラダック 代表取締役社長

垂水圭竹さんの経歴

垂水圭竹さんは、幼少より茶道・華道をたしなみ、師範の資格を取得しました。

株式会社竹中工務店インテリアセクションを経て、1997年にLADAKH flower studioを設立し独立を果たします。

2021年にはドイツの老舗キッチンメーカーbulthaup(ブルトハウプ)のアドバイザーに就任しました。

このように、垂水圭竹(たるみ けいちく)さんは、幼少の頃から培ってきた華道の技術と、大手建設会社である竹中工務店で培った建築の知識や審美眼を駆使し、新たな芸術の価値を生み出すフラワーアーキテクトとして活躍されています。

「アーキテクト」とは建築を意味する言葉ですが、花を通してものづくりの魅力を伝える活動に力を入れています。

垂水圭竹の実績/作品

垂水圭竹の作品

SISEIDO(引用元:https://keichikutarumi.com/works/

垂水圭竹さんの、その発想力や豊かな表現力は、国内外のハイブランド企業を魅了し、多くのパーティーやイベントでフラワーアレンジメントを提供してきました。

輝かしい実績を残しながら、常に最先端の情報を取り入れ、感性や技術を磨いている芸術家です。

実績の一部をご紹介します。

その他にも、公式サイトに過去の作品が掲載されていますので、チェックしてみてください。

垂水圭竹の現在の活動

垂水圭竹さんの主な活動は、企業イベントへの装花、自身の運営する個別教室、国内芸術家とのコラボイベントとなっています。

ハイブランド企業によるイベントへの装花

イタリア発の最高級ブランドカッシーニの日本総代理店カッシーニ・イクスシー、国内シェアNo.1化粧品メーカーである資生堂、旅客数国内1位の日本航空を顧客に持っています。

各企業のコンセプトイベントに花を添えるサービスを提供し、多くの人を魅了しています。

垂水圭竹のカッシーニ・イクスシー

カッシーニ・イクスシー(引用元:https://keichikutarumi.com/works/

一流の技術を学べる個別教室

大企業からオファーが殺到している垂水圭竹さんは、個人に生花を教える教室も運営しています。フラワーアーキテクトの第一人者から直接指導を受けられるということもあって大変人気な教室です。

会員制の教室となっており、限られた人数での開催、常連さんのみの受付となっています。一流の技術を間近で見られるのに加えて、本人から教えてもらえるなんて中々体験できることではないですよね。

日本が誇るものづくり・伝統文化を継承する芸術家とのコラボ

垂水圭竹さんは、個人の芸術家とのコラボイベントも開催しています。

江戸時代から続く漆器の芸術家である村瀬治兵衛さんとのイベント(2022年2月19,20日ISETAN 新宿店にて開催)は大変話題になり、多くのファンが詰めかけました。

文化や技術の継承問題が話題になる日本において、新たな価値を生み出せる垂水圭竹さんの技術は光となるかもしれませんね。

村瀬治兵衛と垂水圭竹のコラボイベント

村瀬治兵衛氏漆器×垂水圭竹(引用元:https://keichikutarumi.com/news/

作品写真集「KEICHIKU TARUMI」を出版

作品写真集「KEICHIKU TARUMI」

Amazonより引用

最先端のデザインのインテリアに文字通り花を添えてイベントを盛り上げ、伝統工芸の芸術家とコラボレーションをして日本の伝統文化を世の中に発信している垂水圭竹さんですが、2021年6月には、3年半という長い制作時間のもと完成した、自身初の作品写真集「KEICHIKU TARUMI」を出版しました。

この作品写真集では、垂水圭竹さんが生み出す世界観を写真を通して知ることができます。

垂水圭竹の仕事仲間

垂水圭竹さんのビジネスは垂水圭竹さんの技術があってこそ成り立つビジネスではありますが、花の教室を名古屋と東京の2拠点で展開するなど、スタッフを多く抱えて仕事をされているようです。

その中でも信頼を置いているのが、竹田麻里子さんです。

LADAKH flower studioの名古屋拠点を任せているようです。竹田麻里子さんは20年来のパートナーとして一緒にお仕事をされているようで、垂水圭竹さんがISETAN 新宿店で開催したイベント「村瀬治兵衛×垂水圭竹」にてサポートしてもらったスタッフとして竹田麻里子さんが紹介されていました。

垂水圭竹さん自身、竹田麻里子さんとは阿吽の呼吸で仕事をしていると語っているように、特に信頼のおけるパートナーのようです。

竹田麻里子さん自身も名古屋で「IBERAL FLOWER」というフラワーアレンジメントの会社を経営されています。ウェブサイトのプロフィールにも「LADAKH flower studioにて2000年よりブライダルマネージャーとして在籍」と記載がありました。

今までに手がけたブライダルは1,000組以上とかなりの実績の持ち主でもあります。一流芸術家の右腕となる人物も一流の技術を持っているということですね。

垂水圭竹の家族

垂水圭竹さんは旦那さんと息子さんの3人家族のようです。

旦那さんの具体的な情報は公開されていませんが、SNSでは息子さんのエピソードが記載されていました。息子さんは現在大学生のようで、代議士をしている先生の元でインターンをしているようです。代議士とは衆議院議員のことを指しています。

衆議院議員の元でインターンができるなんて、相当優秀な息子さんであることは間違いありません。2022年の春からは海外へ留学するのだとか。息子さんも将来が有望なことは間違いなさそうです。

垂水圭竹のTwitterやインスタは?SNS情報

垂水圭竹さんはSNSにも力を入れており、今後はメディアへの出演も期待されています。美しい作品の数々やイベント情報を見ることができるので、気になる方はチェックしてみてください。

垂水圭竹さんは、生花と空間を融合させた新たな価値を生み出す芸術を発信するフラワーアーキテクトです。技術とセンスに裏打ちされた実績は確かなものです。

インスタグラムでの注目度も高まっている垂水圭竹さん。

今後はさらに知名度が上がり、より注目される存在になることでしょう。今後の動向にも注目していきたいですね。