プロフィールまとめblog

芸能人や社長など、さまざまな人物の経歴や活動を紹介します

菊池友佑の評判とwiki的プロフィール!何者?経歴/職業/家族構成を調査

菊池友佑(きくちゆうすけ)さんはマーケティングを行いながらCOO(最高執行責任者)も兼務し、連続起業家として活動する人物ですが、一体どのような方なのか調査してみました。

菊池友佑さんの基本プロフィールをはじめ、評判、経歴や職業、趣味、家族構成、起業のきっかけ、現在の仕事、得意分野などについてまとめていますので、最後までお付き合いください。

菊池友佑のプロフィール

菊池友佑の顔画像

名前

菊池友佑

読み方 きくち ゆうすけ
生年月日 1985年3月11日
出身地 神奈川県
居住地 横浜市
身長・体重 170cm・65kg
血液型 B型
最終学歴 神奈川大学
所属

合同会社ウィンドウオンザ・ワールド

菊池友佑の生い立ち・学歴

菊池友佑さんは神奈川県で生まれ育ちました。

学生時代は、集中力がなく机に座っていられない子供で、学校の成績はあまり良くなかったそうです。

大学は神奈川大学を卒業しています。

菊池友佑の経歴

  • 2005年:通関士試験合格
  • 2007年:電気の大手メーカーのリコーグループに入社し、国際貿易に携わる
  • 2010年:父の勤務先が倒産したことをきっかけに起業
  • 2011年:輸入貿易を事業目的とする法人設立
  • 2012年:Webシステム運営を事業目的とする二社目の法人を設立
  • 2014年:100%株式を保有するWebシステムの法人をM&Aで売却
  • 2015年〜:D2Cの法人を複数設立し、複数社の社外取締役を兼任し現在に至る

菊池友佑の人物像

菊池友佑さんは周囲から「明るい」「バイタリティがある」と言われている人物です。

1つのところにずっといるのが苦手で、オフィスにはあまりいないそう。これは子供の頃と変わっていないですね。

旅をライフワークとしているそうです。

菊池友佑の家族構成

菊池友佑さんは既婚者です。子供はいません。
横浜市に住んでいて、奥さんがどのような方なのかは公表していません。

起業のきっかけ

菊池友佑のボランティア活動

菊池友佑さんが起業の道を意識するようになったのは、人生初の海外で1人でアメリカへ行き、日本の文化を高校生に教える国際ボランティアに参加したことがきっかけでした。

ボランティアに参加したメンバー内に日本人は菊池友佑さん1人で、英語もしゃべれなかったので、その分、周囲の状況や感情を判断し行動するということをしました。

一緒に参加していた異国の友人達の助けも大きかったのですが、状況を観察し行動する力が養われ、現在の起業家としての信念を支える経験になっていると菊池友佑さんは語っています。

そして、世界の広さを知りもっといろいろな世界を見てみたいと思うようになったそうです。

菊池友佑の現在/仕事

菊池友佑の仕事

菊池友佑さんは現在、0-1で事業を立ち上げ売却するマーケッター兼COO兼、連続起業家として活動しています。立ち上げる事業はSDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略)に関わる社会をよりよくするためのビジネスが多いです。

起業家でありマーケティングとCOOを兼任する理由

菊池友佑さんは起業家として活動しつつ、マーケッターとCOOを兼任する理由としては、マーケティングが会社の収益や成長に直接的に関わる項目だからだそうです。

そして、COO、会社の体制、つまりは経営システムは会社の固定費に大きく関わり、捻出できる広告宣伝費の金額や会社の安定度に大きく関わります。マーケティングで収益が拡大しても社内がぐちゃぐちゃだと結局のところ内部崩壊してしまうケースは多いです。

つまりはこのどれもが事業の根幹で会社の事業価値に大きな影響を及ぼすわけで連続起業家としてはその精度を高めることが自身の成長に繋がると菊池友佑さんは考えています。

SDGsの中で取り組む3つのゴール

バングラディッシュでの菊池友佑

菊池友佑さんは、SDGsの17のゴールの中でも「①貧困をなくそう」「⑤ジェンダー平等」「⑩人や国の不平等をなくそう」ということに取り組んでいるのですが、会社がおかしくなってしまえばその目的も果たせなくなってしまいます。

そうなれば今まで援助していた途上国の人々を助けることができなくなってしまって、むしろより多くの不幸を生む結果となってしまいます。

だから、多くの人の人生を背負っている会社は安定した成長をし続けなければならないと菊池友佑さんは考えています。

菊池友佑の評判

菊池友佑さんが展開する商品や事業に対する評判を調査したところ、商品の品質や支援活動について、高い評価を得ているようです。

菊池友佑さんがは、メディアでの取材で、

やはりプロダクトへの品質への驚きや支援活動への応援の声が多いですね。わたしたちの企業グループは職人技術へ高い敬意を払ってものづくりをするブランドがメインなのですが価格とクオリティのギャップに驚くお客様が多いです。大手メーカーだと途上国で安く作って日本では高く売るというモデルが多いのですがわたしたちの企業グループは途上国で適正価格で生産して日本でも価値と技術に見合った価格で販売させていただくということを徹底しています。
(引用元:https://jobjob-appeal.com/company/kikuchi-yusuke/

 

お客様からは「この価格でこの高品質はありえない!」という声をいただきますね。また、寄付活動もしているので自分たちの支払ったお金は誰かの役に立ってるんだ!と思っていただけているようで、SDGs活動の応援のメッセージもいただきます。
(引用元:https://jobjob-appeal.com/company/kikuchi-yusuke/

と答えています。

菊池友佑の得意分野

菊池友佑さんの現在の仕事について紹介しましたが、次に菊池友佑さんが得意とする分野についても紹介しましょう。

菊池友佑さんは、マーケティングの中でもブランド構築に関わるストーリー作りやブランディングづくり。そして、Webセールスを得意としています。

COO、最高執行責任者としての動きではスタッフを雇用せず外部システムやアウトソーシング化により固定費の削減と事業の安定化、そして事業価値の向上ということが得意だそうです。

まとめ

菊池友佑さんが一体どんな人物についての調査まとめでした。

菊池友佑さんはマーケッター兼、COO兼、連続起業家という3つの顔をもつ人物でした。

今後の活躍に期待です!